旬の北海道食材から農作物、ご当地グルメまで。歩いて作って食べるブログ。美瑛町よりお届けします。

旬のアスパラガス|用途に合わせて茹で方いろいろ

      2021/06/05

アスパラガス 基本の茹で方

アスパラガスの代表的な調理方法といえば、茹でることでしょうか。
そのまま食べることや、調理前の準備など、
茹で方の参考にしてみてください。

アスパラガスの下ごしらえ

長さについて

アスパラガスの長さですが、21〜23cmくらいが一般的。
まるごと茹でるには、それなりに大きい鍋が必要になります。

アスパラガスは根元から乾燥が進み、硬くなっていきます。
もし硬くなっているようなら、切り落としてください。
切り口がみずみずしくなっていればOKです。

皮をむくには

根元から3〜5cmを目安に。
ちょっと繊維が残るので、むいたほうが食べやすいです。
小口切りなど、短く切る場合はむかなくて大丈夫です。

ハカマについて

三角の葉っぱのようなハカマは、食べても問題はありません。
食感が気になるようなら取り除いてください。

水で冷やす?

茹で上がったアスパラガスは、冷水にとると色鮮やかに仕上がります。
また余熱で火が入りすぎるのを防ぎます。
用途によって冷やすのがいいでしょう。

ちなみに、酢やレモンなど酸味のあるものを加えると色が落ちます。
食べる直前に加えるのがオススメです。

アスパラガスの茹で方その①:お湯

アスパラガスを大量に茹でたいときは、やっぱりお湯が便利です。
均等に火が入り、やわらかい食感に仕上がります。

材料

  • アスパラガス お好み
  • 水 たっぷり
  • 塩 水の1〜2%くらい

調理方法

  1. 沸騰させたお湯に、塩を入れる。
  2. アスパラガスの根元を入れて10秒くらい、全体を入れて2分ほど茹でる。
  3. 鍋から取り出し、冷水で熱をとったら完成。

ポイント

切らずに丸ごと茹でる
切ることで水分量が増えてしまうため。
茹でてから、切り分けるのをオススメします。

切ってから茹でる場合は、根元を先に入れてください。

アスパラガスの茹で方その②:電子レンジ

もっともお手軽な電子レンジ加熱。
水溶性ビタミンなどの栄養も、逃さずにいただけます。

材料

  • アスパラガス 100g

調理方法

  1. アスパラガスをお好みの大きさにカットします。
  2. ラップに包んで、1分50秒〜2分ほど加熱(500w)して完成。
    ※600wの場合、1分30秒〜1分50秒。
    ※硬い場合は、10秒ずつ様子を見ながら再加熱してください。

ポイント

少量を加熱するなら
1本あたり、20〜30秒を目安に加熱してください。
※サイズによって加熱時間を調整してください。

アスパラガスの茹で方その③:フライパン

フライパンを使って、蒸しながら茹でる方法。
水分が少ないので栄養を逃さず、光熱費も節約できます。

材料

  • アスパラガス お好み
  • 水 大さじ2
  • 塩 少々

調理方法

  1. 水を入れて沸騰したら、アスパラガスを入れる。
  2. 塩を全体にまぶして、蓋をする。
  3. 中火で1分〜1分半くらい加熱して完成。

    ※太いアスパラガスであれば、水分と時間は若干増やしてください。
    ※火が強く、水分が蒸発しきらないよう注意してください。ガラスの蓋が便利です。

ポイント

調理の下ごしらえは余熱で
蒸し時間を10〜15秒ほど減らして火を止め、
蓋を外して蒸気を逃してから、また蓋をしてください。
アスパラガスは余熱でも火が入ります。

2Lサイズなどの太いアスパラガスの場合
穂先と茎で切り分け、茎を先に蒸してください。

※アウトドアであれば、ホットサンドメーカーを使うのも便利です♪

 

 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへにほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 - 料理レシピ, 北海道産食材 ,