旬の北海道食材から農作物、ご当地グルメまで。歩いて作って食べるブログ。美瑛町よりお届けします。

北海道特産の山菜、行者にんにく レシピまとめ

      2018/05/09

北海道産 行者にんにく

ユリ科ネギ属に分類される、行者にんにく
日本では近畿より北の地域に自生している山菜です。

冷涼な気候を好むことから、北海道では幅広く生産されています。
「アイヌネギ」「キトビロ」などと呼ばれ、
昔から食べられていた、北海道を代表する山菜です。

また名前の由来ですが、
高山で修行する行者が食べて栄養をつけたこと、
にんにくに似た香りを持つことから、
行者にんにく」と呼ばれるようになったという説があります。

旬の行者にんにく 畑

ウチの畑には、他の畑から移植したものが生えています。
もう3年経つのですが、春先になると立派に葉が出てきます。
天然物より、若干臭いは弱いとのこと。

 

栄養成分

疲労回復や滋養強壮など、多くの栄養を含んでいるのが行者にんにくの特徴。

免疫力を高めたり、血行促進や殺菌作用にも効果があるといわれ、
薬草としても食べられていたそうです。

また、ビタミンB1を含む豚肉と一緒に摂ることで疲労回復に効果があり、
行者にんにくの独特な臭いを抑える効果もあります。

 

旬の時期

3月〜5月くらい。
北海道では桜が咲く時期でもあり、
お花見でジンギスカンと一緒に焼くのがポピュラーです。

成長が遅く、収穫までに5〜7年かかります。
自生している天然物は、根こそぎ採らないよう注意が必要です。

 

保存方法

長くはもたないので、早めに消費します。

保存は冷蔵庫で。
乾燥しないようキッチンペーパーにくるみ、野菜室で保存します。

冷凍する際には、お湯にくぐらせてから凍らせるといいです。

長く保存するには、醤油漬けがお手軽です。
料理にも幅広く使えますよ。

 

調理法

炒めてもいいですし、湯がくだけでも食べられます。
ニラと同じような感覚で扱うといいでしょう。

旬の行者にんにく 下処理

調理するときは、根本の赤い部分(ハカマ)をむいてください。
食べられますが、土が入り込んでいる場合があります。
水で濡らすとむきやすいですよ。

 

行者にんにくのレシピ

 

行者にんにくの参考レシピ

 

いなば まことさん(@makoto178)がシェアした投稿

行者にんにくのナムルを使って、ビビンバに載せた。
電子レンジで加熱して、顆粒だしやゴマ油で和えればナムルになります。

 

いなば まことさん(@makoto178)がシェアした投稿

ピザと一緒に焼いても美味しいです。
葉のほうは、ちょっと焦げやすいですね。

いなば まことさん(@makoto178)がシェアした投稿

麻婆豆腐に入れてもOK。
茎はちょっと煮込んで、葉は仕上げに入れるといいです。

いなば まことさん(@makoto178)がシェアした投稿

カレーに入れても。もちろん、相性のいいポークで♪
スパイスカレーでさらっと食べるのがオススメです。

 

いなば まことさん(@makoto178)がシェアした投稿

行者にんにくとシラスのパスタ。
味付けは軽く醤油、もしくは醤油漬けを使ってもOKです。

 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへにほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 - 料理レシピ, 北海道産食材