旬の北海道食材から農作物、ご当地グルメまで。歩いて作って食べるブログ。美瑛町よりお届けします。

旬のジャガイモ|甘みが増したキタアカリとオクラのキーマカレー

   

キタアカリとオクラのキーマカレー

ちらほらと雪が舞う美瑛町。
北海道内は、平地でも雪が見られるようになりました。
これから長い長い冬が始まります。

寒くなると美味しいのがジャガイモ
低温で保存することで、でんぷんが糖に変わっていきます。
収穫した直後は、新じゃがとしてホクホク感を楽しむのですが、
寒さが増すにつれ、より甘〜いジャガイモを楽しめます。

今回は甘さが増した、北海道産ジャガイモキタアカリ」のレシピです。

北海道産キタアカリ北海道産キタアカリ

キタアカリは、男爵より甘みが強く、粉質系のホクホクした食感。
焼いたり揚げたりといった調理に向いていて、
ポテトサラダや、じゃがバターにしても美味しい。

煮崩れしやすいのも特徴で、煮物には向いていません。

しかし煮崩れしやすいということは、短時間で火が通るわけです。

作ってすぐ食べられる、
ランチにピッタリなキーマカレーを紹介しましょう。

材料

  • じゃがいも(キタアカリ) 中サイズ1個
  • オクラ 3本
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 挽き肉 100g
  • ニンニク 1かけ
  • 生姜(すりおろし) 小さじ1
  • クミンシード 小さじ1弱
  • カレー粉 小さじ1
  • トマトピューレ 大さじ2
    ※トマトジュースでもOK。その場合は水を少なめに。
  • 塩 小さじ1/2
  • 水 200cc

ランチでパパっと作るので、スパイスは最小限に。
気分でパウダースパイスを入れることもあります。

インデアンカレー カレー粉

カレー粉は、インデアンカレーを使用。
エクストラスパイシーソースは、時短カレーづくりの秘密兵器。
仕上げに入れることで、スパイス感がアップします♪

ニンニク生姜 冷凍保存方法

ニンニクと生姜は、小分けで冷凍保存しています。
ニンニクはバラして皮付きのまま、生姜は皮をむいて輪切りにします。

レシピ

  1. ジャガイモはさいの目、オクラは輪切り、玉ねぎはみじん切りにします。
    ※オクラの板ずりは、やらなくてもOK。食感は変わりません。
    ※ジャガイモは、水にさらさない。でんぷんが流れてしまうので。
  2. 油を敷いたフライパンにクミンシードを入れ、香りが立つまで温める。
  3. 玉ねぎを入れて炒める。
    ※焦げ付きそうだったら、水を少量ずつ加えてください。飴色にならなくても大丈夫です。
  4. 玉ねぎの色が変わったら、挽き肉とニンニク、生姜を入れて炒める。
  5. 挽き肉に火が通ったらカレー粉を加え、弱火にして軽く炒める。
  6. トマトピューレと水、オクラとジャガイモを加えて、強めの中火で煮込みます。
    ※ジャガイモからでんぷんが出るので、好みのトロミになるまで(5〜10分くらい)
  7. 塩を入れて味を整え、仕上げにスパイシーソースを4〜6滴入れて完成。

キタアカリとオクラのキーマカレー

コトコト煮るというよりは、強めの火力で水分を蒸発させるイメージです。
そのため、塩による味加減は仕上げの段階で行ったほうがいいですね。

ジャガイモの甘みがあるので、カレーは辛めにしても大丈夫です。
体を内側から温めて、寒さを乗り切りましょう。

 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへにほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 - 料理レシピ, 北海道産食材 , ,