旬の北海道食材から農作物、ご当地グルメまで。歩いて作って食べるブログ。美瑛町よりお届けします。

羽幌グルメ|2段階の食感で楽しむ、えびタコ餃子カレー

      2020/10/08

カレーアイランド北海道スタンプラリー 羽幌 えびタコ餃子カレー

 

カレーアイランド北海道スタンプラリー2020、
5つめの地域は、羽幌です。

今週は道北エリアをまわる旅なので、枝幸町から移動しました。
車で2時間ちょっとかな。

概要とレポートはこちら。

2019年に訪れた「はぼろ温泉サンセットプラザ 二島物語」のレポートはこちら。

2018年に訪れた「はぼろ温泉サンセットプラザ 二島物語」のレポートはこちら。

2017年に訪れた「一休食堂」のレポートはこちら。
※2020年は参加していません。

えびタコ餃子カレーについて

羽幌町の特産である甘エビと、ミズダコを使った餃子が、
「えびタコ餃子」としてご当地グルメになっています。

定義はこちら。

カレーやラーメンのトッピング、
もしくは単品として焼き餃子なども提供されています。

昨年までは2店舗がスタンプラリーに参加していましたが、
2020年は1店舗のみ。ちょっと寂しいですね。

ショップ情報

海鮮食彩 二島物語
北海道苫前郡羽幌町北三条1丁目29 はぼろ温泉サンセットプラザ 1F
JR留萠本線・留萌駅から約50km
0164-62-3800
11:30~14:30、17:30~20:30
無休
http://sunset-plaza.com/

カレーアイランド北海道スタンプラリー 道の駅ほっと・はぼろ

道の駅であり温泉ホテルでもある、はぼろ温泉サンセットプラザ。

18時くらいに到着すると、「45分待ち」との表示。
どうやら店内の混雑回避のため、入店制限をしているようです。

よく読むと、宿泊客が優先のようで。
店内はそれほど混んでいないようですが、余裕をもたせているのでしょうかね。
まぁ、これは店が決めることですから。素直に従います。

30分ちょっと待ってから入店。
カレーを食べるために来ているので、このくらいは問題なしです。

メニュー

2020年もメニューが変わっていました。
どうやら毎年レイアウトを変えているようです。

ホテルだけあって、飽きさせない工夫ですね。
2019年の一言解説が個人的には好きでした(笑)

実食レポート

注文してから5分くらいで来ました。
店外で待っていたときとの差に、ちょっと笑っちゃいましたね。

えびタコ餃子カレー
サラダと福神漬けが付いています。

ルーは、よく煮込んである欧風系。
口にすると、酸味を強く感じます。ワインを入れているのでしょうかね。

辛みはじんわりくる程度です。
酸味やコクなど、煮込んだ奥深い味を楽しむカレー、大人向きだと思います。

えびタコ餃子は、揚げてあります。
ミンチ状になったエビとタコの風味がきいて、
ニラの香りもいいアクセントもです。

皮が厚いのも、えびタコ餃子の特徴。

カレーがかかっている部分は、しっとりもっちりした食感、
かかっていない部分は、バリッとした噛みごたえが楽しめます。

2段階で楽しめる食感は好きですね。

◇◇◇

3年連続で食べていますが、美味しさは変わらず。
いろいろ厳しい状況のなか、無事に食べられたことを感謝します。

5つめのスタンプをGET。
まだまだ先は長いです。

海鮮食彩 二島物語
北海道苫前郡羽幌町北三条1丁目29 はぼろ温泉サンセットプラザ 1F
JR留萠本線・留萌駅から約50km
0164-62-3800
11:30~14:30、17:30~20:30
無休
http://sunset-plaza.com/

過去の羽幌エリアレポートはこちら。

 

カレーアイランド北海道スタンプラリー事務局

 

 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへにほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 - 食べ歩き 北海道 ,