旬の北海道食材から農作物、ご当地グルメまで。歩いて作って食べるブログ。美瑛町よりお届けします。

羽幌グルメ|食感が楽しい、羽幌えびタコ餃子カレー

      2017/11/11

羽幌 一休食堂 羽幌えびタコ餃子カレー

北海道苫前郡羽幌町南6条3丁目10
沿岸バス・羽幌ターミナルから徒歩2分
0164-62-1768
11:00~15:00、17:00~19:00
第1・3木曜

カレーアイランド北海道スタンプラリー2017
今回も道北に向かいます。

台風21号の影響により、美瑛に雪が降りました。
軽く吹雪いてるくらいで、しっかりと道路に積もるくらいの量です。
峠は完全に積雪で、事故の報告もちらほら。

交通情報ではタイヤ交換をうながしていますが、
根雪になるには、まだちょっと早い。
天気予報や交通状況をじっくり見つつ、夏タイヤで行けるルートを探します。

海沿いなら雪の心配はないので、羽幌を目指しましょう。

日本海に面した羽幌は、甘エビの水揚げ日本一。
ほぼ一年中獲れることができ、カゴで獲るため鮮度もいい。

タコの水揚げ量も多いことから、
羽幌えびタコ餃子という、ご当地グルメが誕生しました。

えびタコ餃子の定義はこちら。

ご当地カレーは、羽幌えびタコ餃子カレー
えびタコ餃子の派生版ですね。ちなみにラーメンもあります。

羽幌 一休食堂羽幌 一休食堂

訪れたのは、一休食堂
ちょうど昼時で、作業着姿の男性がいっぱい。
地元に根付いた食堂のようです。

羽幌 一休食堂 メニュー羽幌 一休食堂 メニュー

メニューはこちら。食堂らしい豊富さですね。
羽幌えびしおラーメンも、ご当地グルメの1つです。

羽幌 一休食堂 羽幌えびタコ餃子カレー

出てきたのは、餃子が載ったカレー
じゃがいも、人参、細かくした豚肉が入ったオーソドックスなカレーです。

辛みはほとんど無く、もったりしたルーがお腹を満たします。

羽幌 一休食堂 羽幌えびタコ餃子カレー羽幌 一休食堂 羽幌えびタコ餃子カレー

えびタコ餃子は、具だくさん。
もっちりしていて、焼いた感じはなかったかな。蒸しているのかも。
タコの食感がよくて、餃子単品で食べてみたくなる。

食堂らしい、普遍的な味のカレーです。
ご当地グルメとしてのインパクトは薄いかなぁ。

カレーアイランド北海道スタンプラリー2017

スタンプは11個め。残り2つ!

羽幌 甘エビ

今日は日帰りなので、地元のスーパーで甘エビを土産にしました。
プリプリで鮮度がいい。それでいてリーズナブルだから、地物を買うならスーパーが狙い目です。

北海道苫前郡羽幌町南6条3丁目10
沿岸バス・羽幌ターミナルから徒歩2分
0164-62-1768
11:00~15:00、17:00~19:00
第1・3木曜

 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへにほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

 - 食べ歩き 北海道 , ,